×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人で自己破産をするうえでの流れは?

債務整理の一つの方法である自己破産は、年々申告数が減少傾向にあります。
しかし、多重債務者の割合は逆に増加傾向にありますので、自己破産以外の方法で債務整理が多く行われている状態だということがわかります。
では、自分がもし自己破産を申請しなければならない状況に陥ったらどのような流れで手続きを行ったらよいのでしょうか。
まず、自己破産を申請する債務者が、破産の申し立てを管轄している地方裁判所に破産申立書を提出することから始まります。
その後裁判所から呼び出しを受けるので、そこで破産申立書の内容について直接質問を受けるので説明します。
裁判所がその審問を経て、支払い能力がないと判断すると破産宣告を受けることができます。
しかし、破産宣告=債務の免責というわけではないので、免責の申し立てもする必要があります。
この申し立てをした後、しばらくしてから裁判所から呼び出しを受けるので、同じように審理され直接説明をしなければなりません。
免責の申し立てが受理されるかどうかはさらに1、2ヶ月待たなければなりません。
そこで免責の申し立てが受理されると、正式に債務がなくなります。
これが、個人で行う自己破産の流れですが、この手続きには約半年から一年ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。
また、申請に必要な書類も多くありますので、個人で行う場合には十分に準備しておくことが大切です。
債務整理《新宿》の相談に乗ってくれるところを探すのが得策です。新宿の例をあげておきます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る